• ホーム
  • 牛肉アレルギーは検査キットで調べザイザルで治療

牛肉アレルギーは検査キットで調べザイザルで治療

薬を飲む男性

ある特定の食品を口にしたときに、蕁麻疹やかゆみなどのさまざまな症状を引き起こすことを食物アレルギーといいます。
アレルゲンとなる食べ物で有名なものにはピーナッツやそば、小麦、いかなどがありますが、牛肉のような意外なものも含まれるので、注意しなければなりません。
牛肉アレルギーを持つ人は非常に少なく、アレルギーを発症しやすいアトピー性皮膚炎の子供の中でもとても少ないと言われています。

しかしアトピー性皮膚炎で、多種食物アレルギーの人には起きやすく、肌にじんましんが出来たり、むくみやぜんそく、嘔吐、腹痛、下痢などの症状が起こる場合もあります。
アレルゲンとなる食べものを口に入れた直後に起こる、即時型反応を起こすケースはあまりなく、食事から1時間後や遅くても4時間以内に症状が起こります。
即時型反応で恐ろしいのは、血圧が下がり、意識を失うアナフィラキシーショックの症状が出る場合ですが、牛肉がアレルゲンだと、そこまでの重い症状になることはないようです。
ステーキや焼肉などを食べるたびに、湿疹が出来たり、腹痛が起こる方は、検査キットで調べれば、牛肉アレルギーかどうかがわかります。

子供の頃は平気でも、大人になってから牛肉アレルギーになることもあるので、検査キットで判明したら、ザイザルで治療するようにしてください。
ザイザルはヒスタミンH1受容体拮抗作用により、牛肉アレルギーなどの、さまざまなアレルギーによって引き起こされる症状を改善する働きがあります。
ザイザルを服用すれば、アレルギーが原因で起こる蕁麻疹や湿疹、皮膚炎、アレルギー性鼻炎などが治まりますし、花粉症にも効果があるので、病院で処方してもらい、症状があらわれたらすぐに使うようにしてください。

人気記事一覧
サイト内検索