• ホーム
  • 厚生省の認可が降りたザイザルで食材アレルギーを治療

厚生省の認可が降りたザイザルで食材アレルギーを治療

ザイザルは抗アレルギー薬で、特に花粉症やアレルギー性鼻炎、皮膚炎、痒み、湿疹など皮膚の症状に効果のある薬です。
アレルギーにはヒスタミンというホルモンが関係しているのですが、ザイザルはこのヒスタミン受容体をブロックすることによりヒスタミンの働きを抑える作用があり、アレルギーの様々な不快症状を緩和してくれるのです。

ザイザルの特徴は、口の渇き、眠気などの副作用が、それまでの候アレルギー薬に比べると少ない点です。
2010年には厚生労働省から認可を受け、最も新しい抗アレルギー薬として、広く利用されています。

このザイザルですが、服用することで食材アレルギーなども治療することができるでしょうか。
結論から言ってしまうと、ザイザルを服用したからと言って、アレルギー体質そのものを変えられるわけではありません。
それは食材アレルギーに限らず、花粉症などでも同じです。
ザイザルは、食材アレルギーの症状を和らげてくれる働きがあるだけなのです。

しかし、猛烈な痒みや湿疹などは、非常なストレスを人間に与え、よけいにアレルギーをひどくしてしまう恐れがあります。
ザイザルを使ってこうした症状を和らげることで精神的な安定を図り、体質改善に向けて少しずつ生活その他を変えていきながら根本的治療を図ることは、決して無駄なことではありません。
そうした意味で、ザイザルは食材アレルギーに対しても優れた治療薬と言えるのではないでしょうか。

アレルギーは自分の身体が自分の身体を攻撃してしまう、特異な症状の一つです。
原因としてハッキリと分かっていないことも多く、また治療には長い時間がかかります。
その間、患者は不便な生活と不快な症状に苦しめられなければなりません。
今後も優れた抗アレルギー薬の開発が望まれるところです。

人気記事一覧
サイト内検索