• ホーム
  • ザイザルはアトピーにも効果がある

ザイザルはアトピーにも効果がある

薬を飲む男性

ザイザルは様々なアレルギー性疾患に広く使用されている抗アレルギー薬です。
花粉症の時期にはザイザルを服用する方も多いかと思います。
ただザイザルは花粉症だけでなく、通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アトピー咳嗽などにも使用されることがあります。
ここではザイザルのアトピー性皮膚炎に対する効果とメカニズムについて説明します。

まずアトピー性皮膚炎では皮膚の角質層を通り抜け、表皮にまで体外の異物が侵入した時、肥満細胞という細胞からヒスタミンなどのケミカルメディエーターが放出されます。
ヒスタミンは皮膚に存在するC繊維という神経の一種に存在するヒスタミン受容体に作用します。
そうするとC繊維が興奮状態となり、脳にその信号を伝達します。
するとその信号を脳が処理しかゆみを感じるのです。
アトピー性皮膚炎の場合には外部刺激など様々な要因によって角質層が破壊された状態となって外部の異物が侵入しやすくなっています。
これにより皮膚の炎症やかゆみを繰り返してしまうのです。

ザイザルはヒスタミンがヒスタミン受容体に対して作用するのを邪魔する効果があります。
これによってかゆみを止める効果が得られます。
かゆみが無くなると皮膚表面の角質層も徐々に元通りになっていくので、アトピー性皮膚炎に対して改善効果が見られます。

またアトピー性皮膚炎は小児に特に多い疾患ですが、ザイザルは小児用においしいシロップ剤も販売されています。
また大人の場合には1日1回の服用で済みます。
よって小児、大人両方ともにコンプライアンスの改善効果が期待できる薬剤と言えます。
ただ眠気、ふらつき、集中力の低下といった抗ヒスタミン剤特有の副作用はやはりザイザルでも発現することがあるので注意が必要です。

人気記事一覧
サイト内検索