• ホーム
  • ザイザルの主な効果と作用について

ザイザルの主な効果と作用について

薬と水のグラスを持つ男性

ザイザルは花粉症などのアレルギーの際に処方される抗ヒスタミン薬です。
アレルギーの時によくある症状でかゆみがありますが、体内にある脂肪細胞からヒスタミンが放出され、放出されたヒスタミンと神経受容体が結合することによりかゆみを起こします。
抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体の働きをブロックすることにより、痒みの症状を軽減します。
ヒスタミンはかゆみの他にも鼻水や鼻づまり、くしゃみなどのアレルギー症状も引き起こしますが、ザイザルはこれらの症状にも効果があります。
ザイザルは第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれていて、第一世代抗ヒスタミン薬の副作用であった眠気が起きづらいという特徴があります。
他の副作用も第一世代抗ヒスタミン薬に比べると出づらいため、アレルギーや蕁麻疹などの際には医師から処方されることが多い薬です。
服用してから効果が表れるまでの時間も短く、効果が持続する時間も長いため、1日1錠の服用で良いことも特徴の一つです。

ザイザルを服用することの副作用は、服用の翌朝に倦怠感や眠気が残ることがあります。
また頭痛や疲労感、倦怠感が報告されています。
また、服用あとの眠気が少ないのが特徴ではありますが、逆に強い眠気を感じる人が居るという報告もあります。
人によっては第一世代抗ヒスタミン薬よりも眠気が強くなるとも言われているため、最初の服用は仕事や車の運転など、集中する作業が必要な時間帯は避けた方が良いでしょう。
薬の飲み合わせについても、ぜんそく治療薬や睡眠薬、安定剤などと一緒に服用すると、副作用が強く出ることがあるという報告もあるため、他の薬を服用しているときにザイザルを同時に服用する際には注意が必要です。

人気記事一覧
サイト内検索